2014_08
27
(Wed)12:00

賭けの勝敗-3(記憶喪失の為の習作2)


まだお見せできる段階ではないような…
でもアップしないとズルズル休みそうな…

後でコッソリ修正します

2014.8.27初稿、2014.8.29一部修正





「彼女、うまいですね」

蓮のつぶやきに手帳から顔をあげた社は、蓮の視線の先を確認すると「そうだな」と相槌を打って再び手帳に意識を戻した。
蓮の視線の先では、キョーコ演じる泉が、御曹司を無邪気に翻弄している。



■賭けの勝敗-3(記憶喪失の為の習作2)



新開誠士監督作品「華の園」

物語は一人の少女の死によって幕を開ける。

亡くなったのは久慈泉。
数ある華道の中でも最大にして最高の権威と呼ばれる葛巻家にとって、代々の弟子でありスポンサーでもある一族の令嬢
その才能と清楚な美しさ、純粋無垢な心で誰からも愛される存在だった。
彼女を知って心奪われない男はいないと言っていい。

蓮演じる家元の甥“俺”も例外ではなかった。
“俺”は幼いころから泉を見てきた。
従兄である葛巻流の跡取り息子修一郎ともう一人の従兄ワタル、4人は同い年の幼馴染だったから。
そして、幼いころから胸にある泉への思慕はかなわぬものだと知っていた。

泉はいずれ次期家元の修一郎と結婚して葛巻流をさらに発展させる。
それが周囲も、修一郎も熱望している未来だったから。
そして泉本人もそれを受け入れ望んでいるようだったから。
だから胸にある思慕は誰にも悟られるまま生きていこうと思っていた。

だが、“俺”の未来はある日一変する。
泉を殺めたのは、修一郎だったからだ。

*
*

「何かおかしい所ありますか?」

飾られた花をみていると、キョーコから声をかけられた

「いや、上手いと思って。これ京子さんが生けたんだよね。」
「育った家が旅館でしたから、女将に教わったんですよ。だから形だけはなんとか」
「謙遜するね。さっき見てた師範の先生も驚いていたよ。是非家元に紹介したいって」

いえいえ、と手を横に振りながらキョーコは笑い、蓮が生けた花を見て告げた。

「敦賀さんこそ。お華、今回初めてなんですよね?」
「俺の場合は先生の技術をそのまんま盗んでいるだけだよ。でも少し長さや角度を変えたり、花を減らすことで劇的に変わるのは面白いね」

枝ものは、あの花は、と盛り上がっていたが、メイクさんがキョーコを呼びに来て話は中断した。

「随分盛り上がっていたな~」
「聞いてたんですか。監督」

ニヤニヤと近づいてきた新開に、蓮はあきれたような顔をして見せる。

「彼女の生けた花を褒めていただけですよ」
「なーんだ。アメリカ行ってから恋の噂の絶えない蓮がついに日本でも!と思ったよ」
「…なんですか、それ」
「外見好みなら来る者拒まず、去るモノ追わず、なんだろ?出待ちしているファン、茶髪の子多いよなあ」
「別に外見で選んでませんよ。それに日本でのイメージをあまり崩してファンをがっかりさせたくないですから」

丁度そのタイミングで蓮は衣装から呼ばれ、残された新開に後ろから社が声をかけた。

「妙な煽り方しないでくださいよ」
「煽ってないよ。蓮が馬鹿みたいに頑固なのは知ってるし。」

綺麗な姿勢で歩く蓮の背中を見つめる

「…馬鹿だよな。」

社にしか聞こえない小さなつぶやき。

「どうして、ここでは女の子と付き合いたいと思わないのか。気づかないなんてアイツ馬鹿だわ。…一番欲しかったものがこんな近くにあるのになあ。」
「…監督」

あの3日間の付き合いを知る者は本当に少ない。
丁度その時に雑誌の対談で蓮と会った新開はその一人だった。随分と蓮をからかっていたが、蓮自身と演技の変化を喜び、期待してくれていたのだ。

「ま、俺がやきもきしたって仕方ないんだけどさ」

首に手を当てて頭を左右に振ると、新開はようやく彼らしい顏をみせた。

「でも、せっかくだから楽しませてもらう。いつかこれをネタに出来るようにな」

こういうネタはハッピーエンドがいいよなあ、と新開は笑った。

*
*


修一郎が逮捕され、跡取りを失った家元は甥である“俺”を養子に迎える。
気楽なサラリーマンから、一転重責を背負わされもがく日々の中で“俺”は知っていく
才能あふれる若き御曹司だと思っていた修一郎もまた、己の才能の限界に悩みもがき苦しんでいたことを
純粋無垢であるが故の泉の残酷さを

そして、泉殺害の理由に一歩ずつ近づいていく

*
*


冒頭に亡くなり、回想シーンばかりの登場となる泉だが、その美しさ、才能、純真さ、そしてまるで幼子のような残酷さ
それが際立つことによって、周りの人物の苦悩やおそれ、妬み、様々な負の感情がより鮮明になるのだ。
強い光に照らされれば影もまたはっきりと映るように。

(本当に上手いよな)

普段はどちらかというと控えめな雰囲気のキョーコが、泉になるともう誰もが目を奪われる存在として輝いている。
子供のような表情に、思わず顔が綻んで
澄んだ瞳に目を奪われ
時折零れるようにみえる色香に手が伸びそうになる
油断しているとこちらが演技させられそうだ。

(俺と似たタイプだな)

役に没頭するタイプ
負けてはいられないとワクワクする。アメリカでの仕事もおもしろいが、こういう役者はなかなかいない。
久しぶりの高揚感を蓮は感じていた。

*
*

一月ばかり過ぎた頃、撮影を終えてスタジオを出ると、外は大雨。

「あれ、キョーコちゃん?」

見ると出口前でキョーコが携帯を弄っている。

「どうしたの?高田さんは?」
「高田さんは担当私だけじゃないので、今日は別行動なんです」
「じゃあ、車ないんだね。タクシー?」
「そう思ったんですけど、この大雨で空きのタクシーがないらしくって」

もう少し待ってから探してみます。と笑うキョーコに提案してしまったのは、仕事上の高揚感からだ。
明日のシーンをどうとらえているかをちょっと聞いてみたかった。ただそれだけだ。
日本では女性と距離を保とうと思っていたのに

「じゃあ、京子さん。俺が送るよ。いいですよね?社さん」
「あ?…ああ、もちろん!」

固辞するキョーコを後部座席に押し込め、車を出した。
家を聞くと蓮のマンションの近くだという。

運転をしながら蓮はよく喋った。少し緊張をしている自分に戸惑うが、気のせいだと思った。

社が降りて、車内は2人になると急に言葉が出なくなり、ミラーで時々後ろを窺う。
キョーコは窓から見える景色をぼんやりとみている。その横顔からは感情を読み取れない。

キョーコの部屋は、本当に蓮のマンションの近くだった。

「京子さん、ついたよ」

降り続く雨の中運転席から降りてシートを倒した蓮は、キョーコに呼びかけた
雨音の所為で聞こえないのかキョーコはまだぼんやりと窓の外を見ている。

「京子、さん?」

のぞきこみ再度声をかけると、キョーコは小さく肩を揺らして蓮を見上げた

その瞳が潤んでいるように見えた瞬間

それは衝動だった。
抗いがたき衝動

後部座席にすべりこみ、シートと己の手でキョーコを囲い込むと激しく口付けた。

誰かが見てるかもしれないとか
やたらとでかい己の図体のせいで足がまだ外に出ているとか
そんなことはもうどうでもよかった

どれぐらいそうしていたか分からない。
隣を走りすぎるトラックが弾き飛ばした水が車体にかかる音で我に返えると、車からはみ出ていた右足のふくらはぎから下はすっかり濡れそぼっている
余裕のない自分に驚きながら、少し身を起こして改めて見たキョーコは真っ赤な顔をして息を乱している。

だが、拒絶の色はない

そのことに安堵を感じ、ゆっくりと赤くなった頬を撫ぜ、指先でさっきまで合わせてた唇に触れる。
潤んだ目で蓮を見つめたまま、キョーコが小さく口を開いた。

衝動はもう膨らみ切って、キョーコの言葉なんて待ってはいられなかった。

「俺の部屋…来る?」

囁きにキョーコが小さく頷いた。

*
*

キョーコの白い身体は、どこを見ても触れても蓮を興奮させ、控えめにあげる声は脳を甘く痺れさせる。

もっと、もっと
何度も何度も貪るように、今までの飢えを満たすように求めて
悦びに満たされて

そして

小さく失望した。



(4)へ続く

関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

10. 恋が進む時はこんなもの…

こんばんわ。読後の印象は、恋が進む時なんてこんなもの…、でした。でも、そこからが悩むものですよね。このお話の場合はキョーコちゃんだけが過去を背負っているから、余計にグルグルしそうです。行為は単純なのに、感情は複雑です。最後の一文「失望した」に「おっ」となりました。すみません、意味不明ですね。とにかく楽しめました。ありがとうございました。

2014/08/28 (Thu) 23:14 | genki #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

9. あぁ~もう…

待てるのか自分?って感じです!あぁ、失望って… 気になりすぎて床をゴロゴロローリングっ!(≧∇≦)

2014/08/28 (Thu) 15:51 | へなへなっち #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

8. 気になります!

最後の「失望」の内容気になります。
切なくて苦しい感じです。
ハピエン期待します。

2014/08/27 (Wed) 21:06 | nanatakeママ #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

7. 私も

蓮さんの失望が気になります。
心臓のあたりが痛いです(>_<)
どうかキョコさんの対応に失望したのでありませんように!!

続きをいいこにして待っております。

2014/08/27 (Wed) 17:09 | つき #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

6. 同じく

蓮の失望が、気になります(>_<)

ヤッシーに怒られても良いので、新開監督共々、蓮を煽りたいですo(^-^)o

彼女こそが、あなたの探し求めている女性ですよ~。

2014/08/27 (Wed) 16:10 | くりくり #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

5. 右に同じ

更新ありがとうございます。右に同じく、失望の中味がやっぱり気になります…‥


キョーコちゃんが簡単に落ちたから?
既に経験済みだったから??後者だったから自身に嫉妬ですよね。どっちにしてもキョーコちゃんの胸の内を考えると切ないです。
『ほんのわずか』も此方もドキドキして次回をお待ちしています。

2014/08/27 (Wed) 15:45 | みかん #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

4. 蓮さんの失望内容が!

非常に気になります!!
過去の3日間の交際に関係することかしらー!

キョコさんを傷つける内容でありませんように!ああでも。この蓮さん思い込み激しそうだし、怖いです!←過去の自分の行動は彼にとってなかったも同然のことですものね

2014/08/27 (Wed) 13:56 | sei #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

3. なんか切ない

更新ありがとうございます

1週間楽しみに待ってました!
記憶がなくてもキョコさんの面影を求めているで
あろう蓮様。茶髪だろうが黒髪だろうが
キョコさんじゃなきゃダメなのは嬉しかったです。

ですが~最後の一行

蓮様~何に失望したんですか?
簡単に他の彼女みたいにキョコさんが
堕ちたこと?それ以外の理由?

忘れる方もつらいけどこの場合は覚えている
ほうが辛いでしょうね。
キョコさん切なすぎです。
何を思って抱かれたのでしょうね

ハピエン方向に向いてくれることを願ってます

ちょび様 
本当に素敵なお話をありがとうございます
来週も楽しみにお待ちしています

2014/08/27 (Wed) 13:48 | ponkichibay #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

2. どっ動悸がっ

心臓が口から飛び出そうなくらいドキドキが半端ないですっ(゚д゚)ハァハァ


続きが、気っ気になるぅぅぅぅぅ((>д<))

待ての体勢で続き、お待ちしておりワン。←

2014/08/27 (Wed) 13:23 | ☆小夜子★ #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

1. ううっ

しばらくコメントは我慢するつもりでしたのに!!
でも、つづきはいいこで待ちます。
ど、ど、どうしよう。この衝撃。

2014/08/27 (Wed) 13:14 | moka #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック