2014_11
07
(Fri)11:55

不意に零れた彼女の本音

すっかり限定枠となっておりました金曜日

今週は時間がありませんでしたし、限定の方の番外編も続くとくどいかな?と思ったので、8月からずっと眠っていたお話を一つ…


2014/11/7

■ふいに零れた彼女の本音




「緒方監督にお聞きします。原作は直本賞を受賞し、ベストセラーにもなりました。映画化にあたってプレッシャーはありませんか?」
「もちろん、原作のメッセージ性、そしてなにより面白さを映画の枠に収めきれるのかという不安はあります。しかし、それよりもこの素晴らしいストーリーを映像化できる喜びや興奮が上回っていますね。」


映画『電停ニテ君ヲマツ』制作発表

琴南奏江はこの場に準主役として臨んでいた。

素晴らしい原作に、選りすぐりの出演者と最高のスタッフ
これだけの作品で演じられる喜びと、いい作品にしなければ、という心地よい緊張感
最高の気分…のはずだった

隣の男さえいなければ

「それでは主演の敦賀さんにお聞きます…」

そう
奏江の兄役である主演俳優は親友キョーコの夫なのである。

記者からの質問にユーモアを交えながら答えるこの男が、奏江は嫌いなわけではない。
演技力は確かだし、芸能人としての振る舞いも勉強するべきところは沢山ある。
だが

なんだ。さっきから奏江に向かってキュラキュラと突き刺さる光線は?

綺麗な笑顔で放たれるそれに、彼のマネージャー以外は誤魔化されているようだが、それは確実に奏江に向かっている。
隣から来る無言の圧迫が鬱陶しいことこの上ない。


「原作者の強い要望で、オール広島ロケということですが、留守にされることが多くて京子さんはお寂しいんじゃないですか?」

質問も後半に入り、映画から逸れ始めてきた。
芸能記者としては、どちらかというとそっちが聞きたいのだろう。
映画に関係ないことは話しません。というのもありだが、視聴者から見ると感じが悪いし、何よりメディアに取り上げてもらえばもらうほど映画の宣伝になるのだ。
そうかといって自分の話一色になると共演者たちに失礼だし、バランスが難しい。

「キョーコも安定期に入ってますし仕事量もセーブしていますから、参加の先生の許可がいただけたら広島にきてもらうっていうのもいいかもしれませんね。」
「では、広島の街でお2人のデート姿を目撃できるかもしれないってことですか?」
「そうできたらいいですね。彼女、台本読んで路面電車乗りたいって言ってましたから」

先輩俳優は、うまく映画と観光アピールの方向に話を持って行った。
記者の質問にうまくキョーコと映画とロケ地の話題を絡ませている。そのうち観光大使にでも抜擢されるかもしれない。


「奏江さんは、京子さんと親友と伺っていますが?」

記者が話をふってきた。
集まる視線と、更に強まったキュラキュラ光線が奏江に突き刺さる

「京子の親友として、旦那様を誘惑する悪い虫がいたら退治しようと思います」

にっこり笑うと会場に明るい笑いが溢れる。

「琴南さんは頼もしいね」

横からもにこやかに言って来るが、キュラキュラキュラキュラ…

ああっ!なんて鬱陶しい!!!


**************************


「ちょっと!なんなのよ、あんたの旦那っ!」

控室で一人になるなり、奏江はキョーコに電話をかけた

『どうしたの~?モー子さん』

おむつポーチを制作中だったというキョーコの戸惑った声が電話から聞こえる

「あんたの旦那よっ!制作発表の間中、やたらといい笑顔をキュラキュラキュラキュラ振りまきながら私を威圧してくんのよ!どういう嫌がらせよ?」
『あ~…ごめんね。モー子さん』

どうやらキョーコには思い当たる節があるらしい

昨夜、蓮とキョーコはテレビを見ながら仲良く洗濯物を畳んでいた。
出産に向けて仕事セーブしているキョーコが一人でやると言ったのだが

『2人でやった方が早いからって。“洗濯物なんて早く片付けちゃって、キョーコを抱きしめ「砂吐き話はいいから、とっとと本題をいいなさいっ!」』

モー子さん冷たいとかなんとかブツブツ言っていたが、キョーコは続けた

『その時にやってた番組で』

なんとなく見ていた深夜のバラエティー番組。
そこでカリスマママとしても有名なタレントが言ったのだ
“ママ友の3割は旦那とは別に彼氏いるんですよ~”と

それを見てキョーコは笑って“そんな訳ないですよね?”と蓮に同意を求めようとして横をみたが…

『敦賀さん、すっごい顔して固まってて』
「…」
『これはフォローしなきゃ。私は違いますって言わなきゃと思って』
「思って?」
『思わず言っちゃったの』
「…何を?」

絶望とはこういう顔なのだという状態で固まっている蓮に向かって、キョーコは拳を握り高らかに宣言した。

「私は絶対浮気なんてしません!そんな時間とお金があったら…」

あったら?

「モー子さんに使います!!!」

キョーコの投げた超がつくほどのボール球は見事蓮の脳天を直撃した。



通話を終えた奏江はあまりの馬鹿バカしさに眩暈がした。

あのキョーコ中毒男め。そんなことでやつあたりか。
この行き場のない怒りをどうしてくれよう。

(…)

(行き場?)

(…行き場ならあるじゃない)

ある結論にたどり着いた奏江はニヤリと笑った。


****************************



今日のこれからの予定は主演級の2人と監督との打ち合わせ
奏江が会議室に赴くと、すでに着席していた緒方と蓮がキョーコの話で盛り上がっていた

「ああ、琴南さん。キョーコが広島これたらみんなで食事したいね。っていう話をしてたんだよ」
「体調さえよければ来た方がいいですよ。京子さんも敦賀君がいないと不安でしょうしね」
「キョーコ、喜ぶと思いますよ。でも、まあ」

奏江はそこで言葉をきって、ニヤリと不敵に笑う

「キョーコが会いたいのは旦那様じゃなく私だと思いますけどね」


チーン

仁義なきキョーコ争奪戦…勃発?



(fin)







こちらは8月頭に書いたお話になりますが、しばらく寝かせているうちにロケ地として登場する広島で痛ましい災害があったためお蔵入りとなっていました。
ロケ地を変えれば済むことかもしれませんが、広島の路面電車の停留所、電停を舞台にした映画っていう設定は変えたくなかったのでこのまま公開させていただきました。

あの災害で亡くなった方々、心に傷を負われた方々には心よりお見舞い申し上げますと共に、どうかその方々を周りの方々や地域社会が支えていって欲しいと切に願います。
私には直接的な支援は難しいですが、その周辺地域の産地や企業の商品を購入する、観光等、地域経済を盛り上げるという間接的なお手伝いが続けていけたらと思います。
平和都市としての役割も重要ですが、観光地としてもなかなかの潜在力があると思うのですよ
沢山行き交う路面電車、お好み焼きやつけ麺、海の幸等豊富なグルメ。観光地も厳島神社だけではなく足を延ばした呉の海自の潜水艦なんかも楽しいですよね。
もっともっと街が元気になって、そしてみんなで支え合って欲しい。そんな願いを込めて
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

Re: 有難うございます

>○もも様
コメント有難うございました。そういっていただけて気が軽くなりました。

確かに1つのイメージばかり浸透して損をしていると思います。
1観光客としてすごく好きなんですよ。
欧米の観光客の方が増えてて驚きました。世界的知名度なんですね。

2014/11/10 (Mon) 07:08 | ちょび #- | URL | 編集 | 返信

Re: 御礼

> 匿名希望様
3)で申請してくださった方かと思い申請コメント及びその返信は削除させていただきました
楽しんでいただけたみたいでホッとします。おまけに心に残るなんて言っていただけると舞い上がりました。
今後もまたご訪問いただけたら嬉しいです。

2014/11/10 (Mon) 07:05 | ちょび #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/11/09 (Sun) 10:46 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/11/08 (Sat) 21:12 | # | | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント