2014_09
24
(Wed)11:55

流れ流されて(B.P.D加盟作)

またもやB.P.D
B.P.D本部≪アメプロ

ここまで来ると管理人の意地?明日で閉幕ですので。

お話あげるのに精いっぱいで拍手御礼はまた明日にでも

2014/9/24





『ダニー、こっち』

蓮が呼び掛けるとモデル仲間は手を振って応えた

『レン、待たせたね。…キョーコ!久しぶり!綺麗になったね』

ダニエルは、訪日の際に案内役を務めてくれたキョーコとの再会に感激したらしい。立ち上がり挨拶しようとするキョーコにハグをしかけて…

ベリリッ!

蓮によって引き剥がされた

『レンに熱烈に愛されて羨ましいな。キョーコ』
『蓮のこの重くて暑苦しい愛情を羨ましく思ってくれるのはダニエルさん位ですよ』」
『ヤシロも元気そうだ』

握手を交わすと社は自分の席にに戻り、蓮、キョーコ、ダニエルでテーブルを囲んだ

『しかし、こんな急な呼び出しでよく香港までこれたね』
『ルドルフと一緒にシンガポールにきてたんだ。彼の仕事が終わったらバリあたりでのんびりするのもいいかなあと思って。一人で待つのつまらなかったから調度よかったよ』
『ルドルフさんって何のお仕事されているんですか?』
『モデル。俺も何度か一緒に仕事したことあるよ』
『ルドルフは本当にセクシーなんだ!顎のラインとか、ヒップとか…』

ダニエルの彼氏自慢をラブラブですねーとキョーコはニコニコ笑いながら聞いている

『凄い焼き餅やきなところも可愛いんだ』
『なら、大丈夫なんですか?敦賀さんと一緒にご飯なんか食べて』

ああ~とダニエルは手を振り笑った

『レンなら大丈夫。レンがキョーコじゃないと“たたない”のはモデル仲間では有名だから』

ゴボンッ!!

キョーコの飲んでいたアイスティーが噴火した

「…敦賀さん」
「俺はただ、女性のどういう所にグッとくるかって聞かれたから、“キョーコ”って答えただけだよ」

そう答える蓮の目がバツが悪そうに逸らされているのは、そう噂されている方が都合がいいから放置してたのだろう。

『素敵なことじゃないか!そういえばキョーコはショーを観るために香港に?』
『ドラマの撮影が明日あるんです。』
『いいタイミングだね。じゃあ明後日のショーは観にくるの?』
『はい、そのつもりです』
『キョーコはびっくりするかもね』

え、とキョーコが首をかしげたが、その横で蓮が口の前で人差し指を立てて見せた

『…いや、結構凝った演出だから』
『そうなんですか。楽しみです!』

話題は別のものに移り、途中でキョーコはお手洗いに立った

『レン、ショーにアンダーウエアが出るってキョーコに言ってないの?』
『うん』
『キョーコ、恥ずかしがりやさんだからバニック起こすんじゃない?』

ほら、あれ、「破廉恥ー」ってやつ、と言われて、ダニエルまで覚えてるのかと蓮は苦笑した

『キョーコにはいつも振り回されてばかりだから、たまには俺が彼女を動揺させたいんだ』
『何?オトコノイジってやつ?』
『別にそんなんじゃないよ』

ふーん、とダニエルはグラスの氷を口に含んで転がした

『惚れちゃってるんだから振り回されて当然だと思うけどね。諦めてグルグル回るのを楽しめばいいんだよ。ナルトのウズシオに落ちちゃったと思ってさ』
『…本当に日本通だね。ダニエル』




「うわ~綺麗ですね」
「東京の夜景とはまた違うね」

眼下に広がる宝石のように瞬く灯りにキョーコは歓声をあげた。

「なんか申し訳ないです。仕事できてるのに、美味しいもの食べて綺麗な夜景見れて」
「他のスタッフも前日入りなんだろ?じゃあみんな今頃美味しいもの食べてるんじゃないか?」
「私には好きな人と一緒って言うオプションついてますから」

さらりと出た言葉のに一瞬固まった。
その隙にキョーコは「こっちも綺麗ですよ~」と蓮の手をとって歩いていく

香港でも有数の夜景スポットには人が溢れていたが、ぽっかり空いた場所が見つかり立ち止まった。

「変装もしてないのに誰にも気づかないものですね」

昨日蓮が空港に降りた時にはファンで溢れかえっていたのに。

「まあ、みんな夜景に夢中だしね。それにやっぱり日本とは違うんじゃないかな」

そういうものですかね。とキョーコは呟いた後、蓮の顔をじっと見上げた

「…何?」

不審に思って顔を覗き込むと、キョーコが背伸びをして素早く唇が盗まれた
キョーコが自分からすること自体少ないし、しかも人前でキスなんて皆無なこと。

「え?」
「海外マジックで開放的になってるんですかね?」

えへへ、と屈託なく笑うと、そろそろ行きましょうと蓮の手を引いた


(ああ…今日もやられっぱなしだ)

付き合いだしてからは肝心な場面では何も気の利いたことも言えず、愛おしさと幸福感の渦にただ巻き込まれているだけ。

それが少し悔しかったから、キョーコがオタオタする姿をちょっと見たかっただけ。
ただそれだけ。


それだけだったのに






惨敗



『なんか、レン、暗くないか?ショーは大成功だったのに』

ショーの打ち上げで飲みに行った先でモデル仲間に声をかけられ、蓮は小さく肩を揺らした

『そんなことないよ。フランツ。少し酔っただけ』
『底なしのレンが~?』

苦笑いしていると、カメラマンのマイクが通りすがりに声をかけてきた。

『よお、レン、いつも“完璧”のお前にしちゃあ今日は珍しかったな。』
『何?レンが何かしたの?』
『したっていうか、ショーの途中で一瞬顔が強張ったよな。ほんの一瞬だったから俺以外で気付いてるやついないと思うけどさ』

(気付かれてたんだ…)

益々落ち込んでいる間に、2人は珍しい酒が出ている席に移動していった。

『あんまり落ち込むなよ。レン』
『ダニー…』
『あれは、仕方ないって』
『もしかして…見えた?』
『うん、蓮の少し後ろ歩いてたからね』
『そうか…』

蓮はソファーに背をあずけ、小さくため息をついた



ショーの本番

アンダーウエアの出番となると、もともと暗かった会場はさらに照明が落とされた。
その中でライトに照らしだされるモデルとアンダーウエアやルームウエア

蓮もまたボクサーパンツを身にまとい、光を浴びる

真正面に一番前に座るキョーコの姿
他のモデルたちを照らす灯りでキョーコの姿もはっきり見えた。

思ってもいなかったろう蓮の姿にキョーコの瞳は大きく開かれて
すぐ恥ずかしそうにそっぽを向いた

ここまでは蓮の予想通り

だが、その後こちらを恐る恐るといったように見てきたその顔は


上気した頬

うるんだ眼

少し開かれた唇

羞恥と小さな期待が籠められたその表情は…


『完全に“夜の顔”だったよね~。キョーコ』

ダニエルが楽しそうに蓮の顔を覗き込んだ。

『反応しそうになっちゃった?』

ぐほっ!!!

ウイスキーが変なところに入って蓮は盛大に咳き込んだ。


(図星もいいとこだ)

顔が強張ったぐらいですませた自分を褒めてやりたい


『だーから、いっただろ。惚れちゃったんだからもう諦めろって』

ほら、きたよ。レンのウズシオちゃん。


ダニエルの指さす方を見ると、蓮を見つけて満面の笑みで手を振るキョーコの姿



ああ、もう

自分の馬鹿さ加減に嫌気がさしてたのに。

君の顔を見るだけで、心が躍るなんて

どこまでこの恋に流されているんだろう



『あ。ルドルフとの休暇は日本にしようかな。ナルトのウズシオ。案内役にキョーコを貸してくれる?』
『絶対に嫌だ』


(FIN)




最初に思いついた題名が「恋の鳴門海峡」
それはダメだろ!ってことで今回は適当につけました
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

Re: むふふ。

>まじーん様
「恋の鳴門海峡」タイトル結構好評なんですよ(笑)
いつかこのタイトルで、ダニエル・ルドルフに引っ張り回されるキョーコちゃんを書きたいと思っているのですが、書けてないですねえ…(遠い目)
リンク外れご指摘ありがとうございます!直しておきます

2016/05/25 (Wed) 04:37 | ちょび #- | URL | 編集 | 返信

むふふ。

おパンツ大会も復習中です。

タイトル「恋の鳴門海峡」もナイスだと思います。(笑)

ぐるぐる蓮さんがキュートでした。

あ、総合目次の「流し流されて」のリンクが外れてした。(ご報告まで。)

2016/05/08 (Sun) 17:36 | まじーん #NkOZRVVI | URL | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

> nanatakeママ様

いつも有難うございます。
ナルトのウズシオちゃん。つぼってくださってありがとうございます!
私も気に入っているんですよ~

2014/09/28 (Sun) 13:49 | ちょび #- | URL | 編集 | 返信

ナルトのウズシオちゃん!
ウズシオ!つぼった! ぐるぐるが私の頭の中も回ってます。いいわぁ♪ 楽しい~
ちょびさんとこのキョーコ最高最強です。
たのしいお話ありがとうござます。

2014/09/26 (Fri) 20:41 | nanatakeママ #qbIq4rIg | URL | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

>mokaさん

恋の鳴門大橋にしたら完全演歌調じゃないですか~。
ランウェイ企画してみたら、一つの狭いテーマにそって色んな人が書くってこんなに視点違うのね。と面白かったですね。もっとテーマ別作ればよかったー(終わってからかい!)
私の艶はmoka脳の産物から補給してますから―。また待ってますよー♪

2014/09/26 (Fri) 00:22 | ちょび #- | URL | 編集 | 返信

恋の鳴門海峡でも面白かったかもしれない〜
キョーコちゃんをドキドキさせるのは、自分への反動が大きいと学習すべきですね♪蓮さん!

それにしても、B.P.D.のおかげで、ドキドキの萌え要素が増えたような気がします。
ちょびさんの艶っぽいお話もたくさん読めたし、ありがとうございました!

2014/09/24 (Wed) 15:34 | moka #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント