2014_10
08
(Wed)11:55

世界にただ2人

生物学とか、動物学とか…そういう方面の専門の方には怒られそうなお話です。
怒らないよ。という方のみどうぞご覧くださいませ。


2014/10/8
■世界にただ2人




キョーコは予習をしていた英語のノートから顔をそっと上げた

「…だからこのエルンスト・マイアの定義に当てはまると思うんですよ」
「ああ、それは言えるね」

キョーコの横に座る蓮とその向かいに座る天宮千織が勉強中のキョーコの邪魔にならないような小声で話し込んでいる

二人は現在ドラマで共演中だ
蓮が演じるドSな獣医は世のお姉さま方のハートを鷲掴みにしているらしいし、助手を演じる千織とのやりとりも好評だと言う
自分の恋人と親友が出ているドラマが評価されることはとても嬉しく誇らしいし、二人が仲良くしてくれることも喜ばしいことだと思う。

思う。思うけれど

「例えばトラとライオンをかけたライガーはですね。その後子孫を…」
「レオポンもだ。やっぱり無理やりってのは駄目なんだね」


…なんか盛り上がり過ぎじゃないだろうか

そもそも種の定義とかそんな話みたいだが、学校で勉強する過程では必要かもしれないが、動物病院という現場で使うのか?


「だから、別種としていいんじゃないですか?」
「“世界に二人っきりの種”なんだかロマンチックだね」

(ん?)

世界に二人っきり?


「あの…盛り上がっている所、恐縮なんですが…」

キョーコからかけられた声に二人は一斉にこちらを向いた

「なんですか。京子さん」
「何?キョーコ。もしかして焼き餅焼いてくれたとか?」
「いや、それはないでしょう。私、演技以外で敦賀さんには京子さんの彼氏だっていう点にしか価値を感じてませんから」
「その点は俺達気が合うね」

にこやかに、だが妙に刺々しく二人は会話を交わす。

いや、確かにモヤモヤしたのは事実だが、それはもういいとして

「なんですか?二人っきりの種って」
「「ああ」」

返事までなんだか気が合っている

「俺とキョーコは別種って話だよ」
「はあっ?」

最上キョーコ、生まれてこのかた、人間だったはず

「人間が動物界脊索動物門哺乳網霊長目ヒト科ヒト属1種…だとしたら、京子さんと敦賀さんは2種とか3種ですかね?」
「名前なんてなんでもいいけどね」
「ちょ、ちょっと待ってくださいよ。なんで敦賀さんと私が別種扱いなんですか!?」

蓮だけならまだわかる。
妖精の流れをくむだけあって、顔や身体の造作も能力も人間離れしているし、オーラが違う
だが、自分は平々凡々、オーラの欠片もない

「種の定義って難しいらしいんですけど、その中でも一番有名なのがアメリカの生物学者のエルンスト・マイアって方の説なんですよ」

言いながら、千織は蓮との間に広げていた本をキョーコに見せた
ざっと読んでみて、エルンスト・マイアの定義を要約すると…

“自然な状態で交配し、子孫を残せるものは同種”

「…」


交配…


交配



○○○


「なっ…なんなんですか!?これっ」

全身真っ赤に茹で上がりながらキョーコが叫ぶが、二人は何処吹く風


「京子さんの場合は…もともと同種でも生息地が別れて交流出来ない期間が長くなると遺伝子の変化が起こる…これにあてはまりそうですね」
「当たり前だよ。他のオスと交配なんて絶対させないね」


真面目な顔でやりとりしているが、要するにキョーコを他の男性とはさせないって言ってる訳で…


「敦賀さんの場合は…突然変異とか?」
「どうだろ?うちの親見てると遺伝のような気もするけど…。まあ他のメスには交配どころか反応さえしない自信があるよ」


蓮は他の女性ではタタないと言ってる訳で…


「やめて下さい!交配、交配って…破廉恥です!!」

「種の保存は生命に取って何より大切なことですよ」
「そうそう。その為には交配するかしないかは重要だよね」


交配、交配ってようするに…

「やる、やらないって話じゃないですかーっ!!!」


キョーコの大絶叫が響いた

直後、ラブミー部のドアが開き、般若顔の奏江が姿を見せた

「キョーコ…、あんた何叫んでるのよ」

もうキョーコは半べそだ

「違う!違うのよ。モー子さぁん」
「何が違うのよ!」
「天宮さんと、敦賀さんが変な事言うからぁ」
「変な事?」

ギロリ
奏江の眼(まなこ)が蓮と千織を捕らえた

「変な事なんて言ってませんよ」
「うん、俺とキョーコの愛は遺伝子レベルの崇高な物だって話」
「何が崇高ですかーっ!」


(馬鹿馬鹿しい…)

詳細を聞くのも馬鹿らしく、奏江は台詞の一つでも確認しようと台本を広げた。



(おしまい)






新聞記事をみていて沸いた馬鹿話…
敦賀さんは遺伝子レベルでキョーコちゃんを愛してほしいという私の願望でございます。

真剣に学問に取り組まれている方、申し訳ないです。
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント