2014_03
31
(Mon)19:00

人生は意外性に満ちている(後編)

2014/3/31初稿、2014/11/13一部修正

観察官貴島秀人シリーズ



■人生は意外性に満ちている(後編)




翌日も天気は上々
昨日スケジュールを詰めたお蔭もあって、余裕をもって早くロケをあがれそうだ。

(奏江ちゃんも機嫌も上々っぽいしな)

貴島は、監督と何やら話し込む奏江をチラリと見た。
今日は蓮が女の子に囲まれていても表情を変えない

(前彼のこと思い出しちゃってただけかも。そうなると相談に乗るパターンでお近づきになれるかな)

なるべく早くメアドゲットしなきゃ。などと思いながらも撮影は続き、まもなくお昼休憩に入ろうかという頃。



「京子さんが差し入れ持ってきてくださりました~」

撮影の合間にスタッフの声が響く

(えっ)

驚いて隣を見ると、こちらも驚いたように目を見開く蓮の顔
どうやら以前ドラマで一緒になってから監督夫妻に可愛がられているらしく、その上仲のいい奏江がドラマ出演とあって差し入れにやってきたらしい。

(奏江ちゃんと京子ちゃん?なんだか意外だな)

クールな奏江が女友達とつるむなんて

見ると京子が一方的に懐いているようで、それならばと納得する。


監督への挨拶を終えたキョーコが貴島と蓮のもとにもやってきた。
貴島と蓮への丁寧な挨拶は主演俳優に向けたもの。対する蓮も穏やかに後輩をねぎらっている

だが、心の色メガネをかけると....

(すごい、敦賀君の背中に、“会えてうれしい。早く2人きりになりたい”ってでっかく書いてある…)

目は口ほどに…ってよく言うけど、全身でモノ申してるよ。
敦賀君ってこんな人だったっけ?貴島は首をひねった。

気付きだすともう観察が止まらない。

撮影が再開されると、邪魔にならないよう皆の後ろに下がったキョーコを蓮は合間合間にちゃんと見ている。

(別に視線を向けているわけじゃないのに、見てるって思うんだよな。背中どころかフジツボ並みにに目がついてるんじゃないの?)

キョーコの方は全然気づいていないらしい。キラキラした目で奏江を追っている。


昼休憩前の最後の撮りは蓮、貴島、奏江の口論のシーン。
OKが出ると、奏江は蓮に何か囁いて、キョーコの方に向かう。

「モー子さぁ~ん、モー子さんの分は別にしてるから一緒に食べよ!」

奏江は小声で確認する

「私が言った数だけ別にしてるでしょうね?」
「もちろんよぉ」

キョーコが差し入れたのはお手製のロールケーキ。
プレーンに抹茶生地、ココア生地、苺や栗がサンドされていてスイーツ好きの貴島はウキウキしながら、ケーキの列に並ぼうとした。
が、奏江に腕をガッチリつかまれる。

「貴島さん、敦賀さん、キョーコがDMファミリーでお昼ご一緒したいんですって」

ニッコリ微笑みながら裏手の方に歩き出す。

(奏江ちゃん、DM出てなかったじゃん…。)

どうやらケーキはキョーコちゃんが持ってるみたいだし、別にいいけど
貴島と蓮は人数分の弁当を持って、奏江とキョーコの後を追った。

目的地は表に比べたら数は少ないが桜の古木が美しい庭。確かテーブルと椅子もあったはずだ。

「あ、飲み物買ってくるの忘れたわ」
「紅茶なら魔法瓶で持ってきたよ」
「私はお弁当は緑茶じゃなきゃ嫌なのっ!。貴島さん、自販機付き合ってください。2人はテーブルセットしといてね」

ここでなぜ自分が呼ばれたのか貴島は合点がいった。
蓮とキョーコが奏江1人に飲み物を買いに行かせるはずはない。2人きりにするために、交際をすでに知っている貴島を選んだのだ。

そうなると昨日の奏江のあの鬼のような表情も、友達の彼が女に囲まれているのを不快に思ったからか。

(これは、また意外)

奏江が女友達とつるむどころか恋の応援するなんて…


飲み物をもって戻る途中、奏江は足を止めた。
視線の先には、満開の桜の下テーブルの角を挟んで座る2人。

うつむくキョーコの表情はなんだか不安げで冴えない。
蓮はなにやら話しかけているが、その表情は貴島がみたことのあるどんなものよりも優しく、甘い。
キョーコをたまらなく愛おしげに見つめる瞳

ほんの少し視線を上げれば、その表情に気付けるのに
キョーコは顔を上げようとはしない。

蓮はテーブルに乗せられたキョーコの手をそっと握り、ついっ、と椅子から腰を上げた。
握られた手と、その動作につられてキョーコが顔を上げる。
キョーコを覆うように蓮の顔が近づいて…

重なる唇

音はない。

ただ、ハラハラ、ハラハラと桜が舞い落ちる。
蓮の頭に、肩に、2人の重なった手に。

重なったときと同じようにゆっくりと蓮が離れて、再び腰かけた。


ギギッと椅子をひきずる音
その音でハッとした様子のキョーコが真っ赤な顔をして怒り出す。

こんな場所でのキスを咎めているのだろう。
膨らんだ頬、とがる唇
でも、その顔には先程までの不安の色はもう無い。


(流石敦賀君、絵になるなあ…)

っていうか!

(あの敦賀君が、休憩中とはいえ現場で!奥まっているとはいえ誰が見ているかわからない場所でキスするなんて、本当に本当に…)

意外だ。

同意を求めようと奏江をみると、「よしよし」と言わんばかりにうなずいている。
貴島の視線に気づくと軽く頭を下げて詫びた。

「すいません。付き合わせて」
「いや、別にいいけど」

面白いもの見れたし
でもなんで『よしよし』?

「ここしばらく会えてないからって、あの子、不安のループにハマっちゃいまして、鬱陶しいんで会えばすんなり解決するかとここまで呼んじゃいました」
「…なんかさっき敦賀君に囁いてなかった?」
「ぐるぐる考えてるみたいだから、キスの一つでもかましてみたらどうですかって」

貴島はたまらず笑い出した。

「友達思いなんだね。」
「鬱陶しいだけです」

つんっと横を向いた表情はなんだか子供っぽい。

(ダイスキなんねえ。京子ちゃんのこと)

「キョーコ、敦賀さーん、お茶とお水どっちがいいですか?」

奏江が少し大きな声で呼びかけながら二人に歩み寄る。
ワタワタとするキョーコ。落ち着き払った蓮。
その手は重なったまま。

奏江の背中を追いながら貴島は笑いが止まらない。

あの敦賀蓮がなりふり構っていられないくらい全力で恋をしていて
クールビューティは実は熱い友情に溢れていて

(なんだか意外なことだらけだ)


人生も、恋も、人も、きっとよくよく見れば意外なことだらけ

だからきっと面白い。


まあ、とりあえずは奏江の「意外」をもっと知るために

(メアドゲットしなくちゃね)


上機嫌でテーブルに向かう貴島にも桜は舞い落ちる。



(fin)
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

6. Re:貴島氏

>つきさん
ありがとうございます。
桜の下のキスシーン、もっと文才欲しかったですσ(^_^;)

2014/04/01 (Tue) 22:17 | ちょび #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

5. Re:観察官 貴島氏。

>seiさん
恋愛下手な敦賀さんのいい先生になりそうですよね~。
ありがとうございます。

2014/04/01 (Tue) 22:16 | ちょび #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

4. Re:観察官!

>mokaさん
メアドは教えてくれると思います。そして超そっけない白黒メールくれそうです。
観察官貴島秀人、また書けたらなあ~

2014/04/01 (Tue) 22:15 | ちょび #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

3. 貴島氏

の視点良いですね。

蓮キョのいちゃラブが見れて楽しかったです(^^)

2014/03/31 (Mon) 20:02 | つき #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

2. 観察官 貴島氏。

彼も親友になったら、モー子さんのようにさりげなく親友応援してくれそうですね!!

脇の中ではお気に入りの彼とモー子さんの活躍。楽しかったデス!

2014/03/31 (Mon) 19:49 | sei #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

1. 観察官!

もう、蓮キョーコの見守り隊ですね。

それにしても、モー子さん、貴島さんを巻き込むことにしたんですね!楽しいです。
「は?なんで番号教えなきゃいけないんですか?」
と答えるのか、どうか。
主役そっちのけで、、すいませんっ

2014/03/31 (Mon) 19:44 | moka #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック