2014_02
15
(Sat)00:08

特別なプレゼント

バレンタイン話なんですが、素敵なお話読んでるうちにバレンタインに遅れた上にこの内容…

ほんとすいません…。


2014/2/15初稿、2014.3.9ちょびっと修正、2014/10/31一部修正



■特別なプレゼント




不破尚こと不破松太郎はご機嫌だった

今日は2月14日、バレンタインデーである
現在、バレンタインのシークレットライブを終えて、マネージャーの祥子の運転で帰宅途中。
傍らの紙袋の中身はバレンタインプレゼント

送り主は最上キョーコ


******************************


話は12月25日、キョーコの19回目の誕生日に遡る

その日、大手芸能事務所LMEは看板俳優である敦賀蓮と京子との真剣交際を発表。
スキャンダル0だった人気俳優の交際宣言に沸き立つ記者会見中継を、尚は所属事務所アカトキのTVで見ていた

さほどショックを受けていた訳ではない。
2人の交際は鬼畜野郎がご丁寧にも報告にしてくれた為に最初から知ってたし、キョーコに対してカッコ悪いほど悪あがきもしたのである意味スッキリしている。

もう過去の恋
今は単なる腐れ縁の幼なじみを祝福する気持ちな…はずだった
鬼畜野郎の幸せ満載の顔を見つ続けて5分経過するまでは。

『交際は1年ほど前からです』
『高校を卒業するまでは公表を控えるつもりだったんですが、私も最近海外の仕事が増えてきたのもあって…彼女に無理を言いました(笑)』
『結婚ですか?まだ彼女も若いので…ただ二人の時間を積み重ねていけば当然そういう未来はあると思っています。』

甘ったるい声に尚のイライラがMAXに近づいたとき、頬を染めた若い女性記者が質問した

『クリスマスは終わりましたけど、冬はなにかと恋人たちのイベントが多いです。お二人はどのようにお過ごしになる予定ですか?たとえばバレンタインとか』

(なんだこの質問?女子会でのコイバナかなんかと勘違いしてないか?)
蓮も流石にちょっと困ったように笑う。

『バレンタイン…ですか?彼女からは毎年ワインゼリーをもらっていたんですが…。』

横に座るキョーコを見て甘やかに告げた。

『今度はチョコレートをリクエストしようかな?』

今までも、これからも自分はキョーコの特別なのだと誇示するように言われた瞬間、尚のリミッターは振り切れた。

「しょーこさん、買ってきて欲しいものあるんだけど?」

仁王顔の尚をどうすべきか頭を抱えていた担当マネージャーを手招きした。


同日25日夜、キョーコは空港の出国ロビーにいた。
サンフランシスコでのCM撮影があるためで、まだ日本での仕事が残っている蓮とは後で合流して、新年はロスで蓮と過ごす予定だ。
日中の交際発表からまだ半日、見送りの蓮とのツーショットを収めるべくマスコミが押し寄せていた。

向けられるカメラに手を振りもう少しという所で進行方向にたたずむ人影を見つけ、キョーコはため息をつきたくなった。
あれに見えるは、切りたくても切れない幼馴染馬鹿ショー
今日は会見もあって疲れているし、これから飛行機だ。勘弁してほしい。

しかし切るも何も、キョーコがそれなりに売れ始め、蓮との交際がスタートすると来る日に備えてと事務所同士で2人の過去についてすり合わせができてしまった。
その摺合せとは
『不破尚とキョーコは兄弟同然のおさななじみで、今は業種が違うとはいえ切磋琢磨するよいライバル』

その演出は結構前にお披露目されているのだ。


「よう。会見みたぜ。おめでとう」 (間抜け面さらしてやがったな)
「ありがとう。わざわざ見送りに来てくれたの?」 (何しにきたのよ?あんた暇なの?)

お互いにこやかに挨拶を交わす。

「幸せをつかもうとしている幼馴染に激励をかねて誕生日プレゼント渡しにきたんだよ」

せっかくいい男捕まえたんだ。逃すなよ。と、舌が腐りそうなセリフを口にしながら、尚はプレゼントを差し出した。

「お前、昔から憧れてたろ。このスワンの化粧水」

尚しか知らない過去をチラつかせると、キョーコに寄り添う蓮のこめかみがピクリと反応したが、そこは完全無視だ。

幼馴染からの交際を祝福した誕生日プレゼント。
しかも化粧品という消え物。
マスコミを前にして大人げなく断れるものではない。

「ありがとう。でも、私からは誕生日プレゼントあげてないのに悪いわね」

聞きたかったセリフが聞けて、尚の口角が上がった。

「じゃ、お返しにバレンタインの義理、期待するわ。」

チョコは本命にちゃんとあげろよ。俺はチョコじゃなくていいからよ。と締めくくる。


思い出すのは2年前のバレンタイン
アイツにはチョコ以外のものを用意したのかと聞けば、赤く染まったキョーコの耳。
(今年はお前がチョコなら、俺はチョコじゃない特別をもらうぜ。結局キョーコと俺の間はある意味と・く・べ・つなんだよ)
幸せにどっぷりつかった鬼畜野郎へのほんのちょっとの意趣返し。


*************************


そして、バレンタインデー
キョーコはわざわざコンサートが終わるタイミングで手渡しに来た

「プレゼント選ぶの思いのほか楽しかったわ」

そんな言葉にに少し浮かれてしまったのは秘密だ。

「明日ロケが早いから」と足早に鬼畜野郎の車に去る後ろ姿を見送って、インフルが流行っていることを理由にコンサートの打ち上げは延期してそそくさと帰宅する。
何年かぶりに幼馴染が自分のためだけに選んだプレゼントに、相当浮かれているらしい。

世間ではそれを未練というのは、目をつぶって

キョーコのプレゼントは思いのほか重かった。
部屋に戻り、祥子がお茶を入れにキッチンに立つと早速袋から出してみる。
キョーコらしい手の込んだラッピングをほどくと、平たい長方形の箱

はやる気持ちを押さえ、余裕を見せて、尚はゆっくりと蓋を開けた。
お茶を持ってきた祥子も覗き込んで歓声をあげる。

「これ、知ってるわ!すっごい高いのよ。」

並んでいるのは小さめの高級そうなガラス瓶たち。
最高級のオリーブオイルに、ハーブやスパイス・ガーリックが入ったひまわり油、トリュフオイルなんてものもある。
トータル金額でフレンチのいいコースが食べれるかもしれない。

が、まとめると食用油

盆暮れに行き交うアレやコレの定番商品
箱の隅っこにクルクルと丸められた紙を見つけて、尚は完全に仁王化した。

熨斗にかかれた「義理」
その達筆は幼馴染のもの

「おい!なんだよあれは!」
「サラダとかパスタにあえると美味しいわよ』
「そうじゃなく!!!油なんて中元歳暮じゃねえぞっ!!!」
『・・・どんこ椎茸の方がよかった?』

「誰が干しシイタケなんてバレンタインに欲しいかっ!!!」


尚の仁王姿はしばらく祥子を悩ませたが、最近は「今、油に凝ってて」とかインタビューで答えているらしい。



FIN






素敵なサイト様で糖分補給したら、こんなことに…
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

4. Re:今油に凝ってて(笑)

>ぴぃがっぴさん
お松さんはなんだかんだいってキョーコちゃんに影響うけそうじゃありませんか?
コメありがとうございます

2014/04/08 (Tue) 10:18 | ちょび #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

3. 今油に凝ってて(笑)

どんこ椎茸にも勿論ウケましたが、このセリフじんわり効きます…ツボにはまりました!

2014/04/07 (Mon) 21:52 | ぴぃがっぴ #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

2. Re:はじめまして

>ちゅけさん
はじめまして、コメント有難うございます!吹き出していただけたなんて嬉しいです。どんこ椎茸、妙に高くて気になる存在なんです(笑)

2014/03/12 (Wed) 23:41 | ちょび #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

1. はじめまして

蓮とキョーコの会見に喜んでいたので、鬼畜野郎という呼び名すら、どこか心地良く拝読していました。最後は「どんこ椎茸」で、夜中に吹き出してしまいました! 家族に気づかれずよかったです。
ちゅけ

2014/03/12 (Wed) 20:50 | ちゅけ #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック