2014_04
18
(Fri)17:20

1歩いっぽ(12)

「強く~」にかかりきりになったせいで1カ月近く間が開きましたね。
流石に細かい所はすっかり忘れていて、最初から読み返したら、こんな話にしてたのね…とびっくりです(笑)
器用な性格ではないので連載は複数同時進行は無理だなあと実感しました。
タイトル通り一歩一歩書いていかなきゃ。

実はこっそり11の副題変えました。
題名決まらないと話書けないもんで…間があくとあの題名じゃ書けませんでした

2014/4/18初稿、2014/10/6一部修正
■1歩いっぽ(12) ~それは姿を現し始めて~



最上キョーコ、現在地、某カラオケ店504号室

勿論歌を歌うためではない。ラブミー部にとってのカラオケ店は密談の場なのである。
烏龍茶のストローを弄びながらキョーコは残り2名の様子をうかがう。

ホットのジャスミンティーを上品に飲む奏江
ミントティーの氷をストローでつつく千織
2人ともキョーコから目は離さない

無言の『とっとと話せ』圧力がかかる

「えっと…何から話せば…」
「最初からよ!」

奏江の鋭い声にヒッとおびえながらキョーコは話し出した
信じてはもらえないかもしれないが。

「あの…敦賀さんに告白されて、保留にしてもらってるの」
「いつよ?」
「えーと、5月の終わり…って2人ともおかしく思わないの?敦賀さんが私に告白したって言ったのよ?」

え、今更?と2人は告げた。

「私、不破尚のPV出たころにそうなんじゃないかって言ったわよね?」
「事務所別でラブミー部にしか顔を出さない私でもおかしいと思ってましたよ。それが最近あからさまになってただけで」
「確かに。前はなるべくキョーコだけの時をねらって来る感じだったわよね。社さんもなんか適当に理由つけてたし」
「今はもう本人がいきなり『最上さんは?』ですもんね。」
「それにどうみても事前に約束してただろうって感じだし」

えっ?えっ?と1人オロオロするキョーコ

「若手№1俳優よ?抱かれたい男№1が私によ?」
「ムカつくけど演技力は認めますね。あと女を見る目も。」
「抱かれたい男№1だろうと、私は抱かれたくないから関係ないわよ。」

そんなことより

「で、どうするの?付き合うの?」
「…わからないの。保留の間は今まで通りって言われて…それが居心地よくてずるずるともう4カ月たっちゃった。」

いいんじゃないの?と奏江はこともなげに言った。

「ラブミー部員に告白したんだから多少は待つ覚悟は持ってるでしょう」

そうなのかなあ、と言いながらキョーコはストローを弄った。
烏龍茶の中で小さくなった氷が音を立てて回った。

女友達とのコイバナ

なんだか憧れだった状況に自分がいることに気付き、少し心が躍る
2人に話すことで抱えているものが軽くなったようにも感じる

「2人は…どう思う?敦賀さんのこと」
「仕事に関しては一緒になったことないけど凄いと思うわよ。あんたへの態度見てたら、みんなの言うように紳士とは思わないけど、遊んでる噂も聞かないし、真剣みたいだし、検討してみてもいいんじゃない?」
「まあ、確かに悪くはないかもしれませんよね。キョーコさんの女優人生の邪魔するようだったら徹底的に排除しますけど」

フフフッと黒い笑いを浮かべる千織に若干ひきつつも、キョーコはなんだかくすぐったくなる。

検討してみてもいいとか、悪くないとか、世間一般の蓮の評価とかかけ離れた2人のそれ。
でも、それは2人がキョーコの友達だからで…
胸を満たす暖かいものにキョーコはほんわかと頬を染めた

「結論出たらちゃんと言いなさいよ!」
「それと、なんか嫌なことされたらすぐに報告ですよ。」

生きてることを後悔する様な目に合わせてやります、と千織はがニタリと笑うのも嬉しくて、キョーコは照れながら了承する。

そんなキョーコをみて、奏江も照れたのが目をそらしながら話題を変えた

「朝ドラの顔合わせ、今日だったんでしょ?どうだった?」

キョーコは来春からのMHK朝ドラの出演が決まっている。

デザイナーとして大成した女性の一代記で、キョーコは主人公の女学校時代の同級生役。
女学校卒業後すぐに亡くなってしまうその役は出演期間は長くないが、お嬢様で高い知識とセンスを持つ彼女は主人公に美しいものとファッションへの憧れを与え、生涯にわたって影響を及ぼす役柄で、回想シーンも多く使われる非常に印象に残るものとなっている。

旧家の御嬢さん、知的で優しく美しく、主人公にとっての憧れの同級生
キョーコにとっても好みドンピシャである

「すごくいい雰囲気だったの!撮影が楽しみ」
「ナツは美緒とはがらりと変わったキャラクターだったけど同じイジメ役だったのが、今度は正統派お嬢様だものね。よかったじゃない。演技の幅が広がって」
「うんっ。視聴者に『これは憧れるよね』と思っていただけるように頑張るね」
「朝ドラは視聴者の年齢も幅広いですし、全国区でしかもほぼ毎日ですから顔売るにはもってこいですよね」
「拘束時間長いし、大変だっていうから頑張りなさいよ」

モー子からの励ましにキョーコのテンションはさらに上がる

「うん、でも私の出演は前半で終わっちゃうから、集中したスケジュールになるとは思うけど大丈夫だよ」
「頑張ってください。朝ドラなかったらドラマまた共演できたんじゃないかと思うと残念ですけどね」
「そんな話あったの?」
「私たちのドラマ、安南監督ですからね。BOX-Rのヒットで今回の仕事きたみたいで、結構スタッフかぶってるんですよ。私だけじゃなく薪野さんも出ますしね」

キョーコは奏江と千織に気を取られて、他の出演者まで気が回ってなかったことにようやく気付いた。

「資料チラッと見ただけだから…他は誰が出るの」

奏江が何人かのベテラン俳優の名前を上げた後

「若手ではブリッジロックの光さんがドラマ初出演よ」

「ええっ!?」

人気アイドルグループの一員の名前もあがる

「それとヒロイン、朝ドラの出身者よ」
「ああ、愛華さん」

キョーコの表情が強張った

「愛、華さん?」

「そう、知ってるでしょ。主演した朝ドラヒットしたもんね」
「今公開してる映画のヒロインもしてますよね」
「トラジックマーカーだっけ?凄いヒットしてるよね。アジア圏でも展開してるんでしょう?」
「欧米からも上映のオファー次々きてるらしいですよ。」
「CGもすごいけど、殺人鬼役が凄いらしいわね。今後の参考に観に行こうかしら」

気になるはずのカインヒールの話題も頭の上を通りすぎていく

“兄さん”を慕ってまとわりついていた愛華
彼女が恋に落ちていたのはカイン・ヒールだ。
蓮の演じる。

その蓮とドラマで共演

ざわり

ざわり

キョーコの心に何かが這い寄ってくる。



(13に続きます)




って、ここでもカラオケ?メンバーかなりかぶってるし
やたらと長い上に説明臭いし・・・

リハビリってことでお許しください。

週末は更新できませんので、月曜お越しくださるのをお待ちしております♪
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

4. Re:カラオケの呪縛~

>mokaさん
カラオケの呪いに汚染されてます!
ざわりってくだりも「ざわわ~♪」からきちゃったの?と自分が怖くなりました( ̄ー ̄;
ラブミー部2人に監視されてのドラマ撮影とないそうですよね。

2014/04/19 (Sat) 00:48 | ちょび #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

3. Re:親友同士の密談(?)は楽しそうですね。

>seiさん
コイバナ語るにはラブミー部は反応ドライすぎる感じしますけど、女友達付き合い初心者のキョーコちゃんはそれでもほんわか幸せいっぱいのご様子です。
頑張りますね~

2014/04/19 (Sat) 00:45 | ちょび #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

2. カラオケの呪縛~

一歩いっぽ、再開だ~と押し掛けました。
いいなあ、このラブミー部。

愛華さんと大学生な蓮さんか!
千織さんにめざとく毒ノートされないことを、祈ります!!!

2014/04/18 (Fri) 18:40 | moka #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

1. 親友同士の密談(?)は楽しそうですね。

自分のことを第一に考えてくれる親友達の言葉は、キョコさんのエネルギーになりそう~!

愛華さん。

彼女のマイブームがまだあの人なら、蓮さんんは格好いいけど恋愛対象外?

どうなるのか、来週の更新を楽しみにしてます。(〃∇〃)

2014/04/18 (Fri) 18:35 | sei #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック