2014_05
09
(Fri)02:01

1歩いっぽ(20)

蓮さんの過去に絡みます。
苦手な方はお戻りください

2014/5/9初稿、2014/10/7一部修正
背後に立つ蓮に気が付いているだろうに振り向きもせず祈りをささげる背中。
それが何よりの拒絶に思えて、蓮は立ちすくむ



■1歩いっぽ(20) ~振り向く。そして前を向く~


長い祈りを終えて、ティナは立ち上がった。
そしてゆっくりと振り返り、蓮に視線をやった。

蓮はただ息をひそめて見つめる

『もう、芝居はやめたの?』

口を開いたティナからの思いがけない問いかけに蓮の声は掠れた。

『あ…ああ…この国じゃないけど続けてる』

そう、とつぶやいてティナは再びリックの墓に向かい合う。
蓮は自分を叱咤し、話しかけた。

『リックを君からこんな形で奪っておいて、まだ芝居を続けてるんだ。どんなに憎まれても仕方ないと思ってる。だけど』
『ねえ』

背中を向けたまま、ティナは蓮の言葉を遮った

『私、結婚して子供がいるの』

えっ、と蓮が小さく声を漏らした。

『貴方だけよって言ったのに。世界で一番大事なのは貴方だって、そう言っていたのに…。私、結婚して子供がいるの』

リックを愛したように彼を愛している訳じゃない。
でもね。
彼と、彼の間にできたあの子は今の私の何よりの宝物なの。

もし神様が時間を戻してリックを返してくれるけど、代わりにあの2人には出会えないと言うのなら…

『私、“お願いします。リックを返して”って神様に言えないわ』

背中を向けたままのティナの肩が小さく揺れた

『ねえ、こんな私をリックはどう思うかしら?』

もう一度ティナは蓮に向かい合った。
そして問う。

『怒るかしら?憎むかしら?あきれるかしら?』

蓮は首を横に振った。

『リックはそんな男じゃない。誰より君を愛して、君の幸せを願ってた。』
『だったらっ!!!』

空気を切り裂くようにティナが叫ぶ

『あんたが辛気臭くウジウジする言い訳にリックを使わないでっ!!!』

刺すように蓮を睨みつける瞳

『リックはいつも仲間に言ってた。“久遠は必ず両親を超えるアクターになるんだ”って!
みんながどんなに否定しても絶対譲らなかった!あんた、リックをこのまま嘘つきにする気!?』

蓮は息をのむ

『リックのことを想うなら、オスカー獲って壇上でリックの名前呼んでみなさいよっ!』

こぼれる涙を拭こうともせずティナはそう叫ぶと、蓮の横を足早に通り過ぎて行った。

(ああ…)

蓮は天を仰いだ。

“リックのかわりにあんたが死になさいよ!”

かつてそう叫んだティナ
そのティナも今日まで必死にもがき、苦しみ、前に進んできたのだろう。
そして、今の言葉を口にするまでにどれほどの時間がかかり、どれほどの葛藤があったか。

でも、彼女は言った。
きっと、リックを愛しているから。

彼女も今を生きているから。


正面を向いて、瞑目し、一呼吸のちに、ゆっくりとリックの墓前に進む。

(なあ、リック…)

まだ芝居を続けているんだ。それなりの評価ももらえている。

そして何より

誰よりも大事にしたい。そばにいたい。
そんな子が出来たんだ。

答えは返ってこない。

誰よりきっと“久遠”の成功を祝ってくれる人。
誰より“久遠”の幸せを祈ってくれる人

その人からの答えはもらえない。

それは
リックの今とそれから続く未来を奪った蓮の、この先ずっと続く罰だから。

でも、蓮は前に進むと決めた

そしてこれからも答えが返ってこないとわかっている報告を、問いかけを続けていくのだろう


『リックは誰よりも先見の明があった。必ずそう言わせてみせるよ』

そうつぶやくと、背を向けて歩き出した。

力強い足取りで。


(21に続きます)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: はじめまして

> まり様
止まらないだなんて!嬉しいお言葉有難うございます。
ティナさん像にはきっと皆様いろいろなこだわりがあると思うのですが、受け入れてくださってホッとしました。

2014/11/15 (Sat) 00:52 | ちょび | 編集 | 返信

はじめまして

はじめまして。
小説読ませて頂いています。

ティナの台詞に思わず涙しました(´;ω;`)

先をはやく読みたくて、スクロールする指が止まりません!

2014/11/14 (Fri) 21:19 | まり | 編集 | 返信

2. Re:ティナも久遠も。

>seiさん
ありがとうございます!
やっぱりこれが解決しないと、敦賀さんはキメの一歩は踏み出せないのではと…
今現在、祭り準備中ですよ~

2014/05/09 (Fri) 21:04 | ちょび | 編集 | 返信

1. ティナも久遠も。

これで、「生きている人間同士の後悔」には縛られずに済みますね。

今までの俯き加減から、ずっと先を目指ししっかり前を向いて歩きだすことが出来そうな久遠。

これで、キョコさんの前で固まった訳も、ちゃんと話せそうですね。


2014/05/09 (Fri) 20:59 | sei | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック