FC2ブログ
2018_10
05
(Fri)11:45

拍手御礼~2018/10/5

お久しぶりのちょびでございます。今日はお休みいただいてるんですよ。午後から買い物でも行こうかなあ…でも家でダラダラ最高!とグダグダしております。

今年はもう本当に台風多いですよね。
どうか台風たいしたことありませんように。少しは野菜の値段下がりますように!

日常がなかなかの忙しさだったのも確かなんですが、闇色の83話手間取りました。
もう色々文章力と語彙力のなさに絶望です。
私の頭の中に浮かんでいる絵と全然ちがうー!と叫び続けたらいつの間にか1か月近く立ってました。


そして、すっかり更新が滞っているにも関わらずご来訪いただいた方本当にありがとうございます。
過去作品にもコメントいただいて、パワーチャージさせていただきました。
闇色年内決着に向けて頑張ります!

パスワードのお返事も本日させていただきました。遅くなり申し訳ございません。


では、追記より拍手御礼です。


>へなへなっち様
(闇色)いつもいつもありがとうございます。
「パーフェクト」聞きましたよ。すごく素敵な歌詞!マッチしてるなんていただけて恐れ多いですけど、洋楽疎いのでこういう風に教えていただけると新しい出会いがあって嬉しいです。

>komugi 様
(闇色)領民とのエピソード気に入って頂けて本当に良かった。こういう話を捻じ込んでいくの大好きなんですけど、話のテンポもあるのでどれぐらい入れるのかいつも悩みます。その分反応を頂けると凄く嬉しいんですよ。
前回の更新から1か月近くたちましたが、食欲戻られましたか?
私の方は眼も歯も足もなんだかおかしい…病院いけないうちに治るんじゃないかと期待してたけどどうやら無理っぽいです。諦めて病院行きまーす。

>まじーん様
(闇色)私には王様も政治家も経験ありませんが((笑)、仕事って内容も待遇も勿論大事ですけど、いいスタッフに恵まれてたらそれだけで色んなこと乗り越えれる気がするんです。
ツルガの民からの暖かいエールを受けた王子は立派な王様となるべく奮闘できると思います。まあもう一山超えていただきますけど( ̄▽+ ̄*)

>ともっち様
(占守宣誓)凄い懐かしい!そしてなんて馬鹿馬鹿しいんだ!と過去の自分に突っ込み入れました(笑)再読&コメントありがとうございます。
パンツ選ぶ関係になったらそれはそれは精巧なお人形作れるでしょうねえ…でもリアルに再現でき過ぎて逆に作れなくなるかもしれませんよね( ̄▽+ ̄*)
(人生は意外性に満ちている)私も貴島さんのキャラ好きですよー。チャラチャラしてますけど、ちゃんと押さえるべきところはちゃんと押さえてそうなところとか、実は敦賀さんより大人なんじゃないかと思っています(年齢も大人なんでしょうけどね)
蓮キョ成立には社さんの力が不可欠なんでしょうけど、社さんだと立場的に近すぎて気付かなかったり指摘できなかったりすることを貴島さんが敦賀さんに教えてくれないかなあ…とか期待してるんです。
(不器用エール)私の中の理想の冴菜さん像、読み返していただけて嬉しいです。
冴菜さん、キョーコちゃんのお母さんですからね。鉄仮面でごまかしてますけど、よく観察すると結構奇行が目立つ人だと思います(笑)。藤道さん見てて飽きないでしょうねえ。
実はこのお話書いた当初藤道さん目線の続編「無自覚アシスト」ってお話考えたんですけど、お蔵入りしたまんまですねえー。闇色書きあげたら発掘しようかな。

>ともっち様
(雨の日の誕生日は)再読ありがとうございます!ほんのわずかももう4年も前のシリーズになるんですね!この2人の設定で書きたいなーと思ったままお蔵入りしたお話2つほどあるんですが、クーさんジュリさんとの対面は…なかなか難しいですね。
なぜなら彼らのパワー半端なさ過ぎてお話がまとまらないから(笑)
でも、そんな両親に引っ掻き回されながらも敦賀さんもキョーコちゃんも幸せそうに笑うんだと思います。これだけは間違いないです!
(君の名前を呼ぶ時は)更新ない間の再読は本当にありがとうございます。
久遠君は荒れた後のダークな部分が表に出てますけど、本質的に少年ぽく、育ちのいい素直なお坊っちゃんなんだと思います。だからこそ周りからのプレッシャーや陰湿な苛めを全うにくらっちゃたのかなと。
キョーコちゃんが頑張った時の敦賀さんの顔と心の内を想像するとそれだけで1日を生きる気力をもらえる私です。
その日がきたら、学習能力あまり働かせすぎずにキョーコちゃんを抱きしめて欲しいですよね!

>あやめ様
(闇色)こちらこそ月一程度の更新になっちゃってるのに、来訪ありがとうございます!年内完結できるように頑張ります!

>84kaname様
(大歳のツキ)更新滞り中の再読ありがとうございます!
そうですよねえ。短編もやたらめったら増えましたし、カテゴリー分け考えてみます。お話書くのに詰まった時のいい気分転換になるかもしれません。いいアイデアありがとうございます!(目次の更新してないことさえ忘れてました)


>かばぷー様
(闇色)かばぷー様の素敵な誉め言葉の洪水にいやーんとなりました(笑)
皆様この2人を見守ってくださってありがとうございます!と壇上で挨拶したい気分です…がそれさえも前振りだとしったら皆様に石を投げられるんじゃないかと怖い…。
指南書の件は同じように色々妄想してくださる方がいらっしゃって私も本当に嬉しかったです。こういう他愛もないストーリーに何の関係もない話考えるの好きなんで、また完結したらちょっとだけ番外書けたらな―とか思います(本当にしょうもない話ばかりなんで没るかもしれませんが)





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント