2014_02
18
(Tue)23:21

包み隠して(ドン☆フェス参加作品)

誘惑に勝てずドン☆フェス参加です。
参加をご快諾いただいたゆみーのん様、魔人様に感謝いたします。

*最初の記事が途中からのアップとなったので、修正加筆しています


2014/2/18初稿、2014/12/31一部修正



■包み隠して(ドン☆フェス企画参加作品)



「お世話係ですか?」

久しぶりのドピンクツナギ着用指令にキョーコは驚いた。
しかもまたもや海外セレブ。どうやら、ハリウッドの「父さん」があっちで自慢したらしい

「日本文化に興味があるらしくてな、君を是非にとのことだ。」

ここのところの雪のせいか、シロクマの毛皮を頭からかぶった怪しいいでたちの社長命令
キョーコに断るすべはない。


*
*

「「あっ」」

蓮と社は同時に声を上げた
テレビではカリスマ的人気を誇る海外モデル“ダニエル・カーター”の来日フィーバーを伝えている。その画面の端に映る呪いのドピンクツナギ。髪は甘茶色。
最上キョーコ 発見。

「今度はダニエル・カーターのお世話係なんだな。キョーコちゃん」
「ダニーは以前から日本に憧れていましたからね。最上さんなら適任かもしれませんよ」
「そんな余裕な態度でいいのか?今度は若い男だぞ」
「ダニーなら、ショーや撮影で何度が一緒になりましたから…よく知ってます。大丈夫ですよ」

社は思い出した

(そういや、ダニエル・カーターって)

*
*

ダニエルはお世話係としては手のかからない男だった。
物腰は柔らかく、穏やかで、仕事に対する姿勢は真摯。美しい顔と身体は芸術品のようで、どこかの先輩俳優を思い出させる。
あの先輩は穏やかな性格なんかじゃないけれど。

今日の撮影は蓮も参加している。秘めた恋心を抱えるキョーコにとってはうれしい限り。
ふと、キョーコは傍らに立つ御客人を見上げた。
ダニエルは撮影中の蓮を熱のこもった目で見つめている。
キョーコは事前にチェックしたデータを思い出した。

(そういえば、ゲイの方。…だったよね)

こんな美しい男性が女性に興味がないなんて、世の女性には不幸なことかもしれないが、キョーコはそういったことに対する偏見は皆無といっていい。
ただ、その視線の先が想い人だったら話は別。
キョーコは人に気づかれないようため息をついた。

*
*

そして撮影は終わり、キョーコは控室近くで目撃する。

壁を背に立つ蓮
蓮の顔近くに手をおき、向かい合っているダニエル。

身の丈190センチクラスの大男同士の“壁ドン”なのに、造詣が美しいとなんだかそれも一枚の絵のようだ。
だが、キョーコにはそれを鑑賞する余裕はなかった.

(ダニエルさんが敦賀さんに迫っている!)

そう思ったら、身体は勝手に動いていた。
心に湧き上がった想いのままに。

ダニエルさんだろうとも
男だって
誰だって
触らないで!!!

そんな自分の浅ましい願いを「先輩を守る」という建前に隠して

「敦賀さんは、私のです。ダメなんです!」

2人の間に割って入り、蓮に腕をからませる。
腕にすがって見つめると、驚きで目を見開いていた蓮だが、キョーコの意図を理解してくれたのだろう。神々しく微笑んだ。

「キョーコの気持ちが聞けてうれしいよ」

甘々しく囁くと、キョーコを抱き上げ、チュと聞こえるほど軽く唇を合わせる。

「ダニー、ごめん。俺はキョーコ以外は考えられない」

ダニエルはそうか、とため息をつくと肩をすくませた。

「蓮がこっちを熱っぽく見てるから、脈があると思ったんだけど、キョーコを見てたんだね。僕もキョーコは素敵な女性だと思うよ。祝福する」
「ありがとう」
「日本を発つ前に3人で食事ができたらうれしいな。」
「勿論だよ。また連絡する」

ダニエルの提案を蓮は快諾した。


2人になると、キョーコは我に返る


「あ、あ、あの。すいません。私」
「ああ、最上さんは俺を守ろうとしてくれたんでしょ?」

海外で仕事をしていたらそういうことは多い。きちんと誠意をもって断ればお互いプロ、支障はないし、ダニエルのような紳士ならなおさらだ。

「敦賀さんなら自分できちんと対処できるのに私余計なことを…」

うーん、キョーコを抱き上げたまま蓮は少し考えるふりをする。

「そうだね。嘘はよくないかもね」

ダニエルはペラペラと噂をばらまく人ではないと思うけれど変な噂でもたったら…そう考えて蒼くなるが、そんなキョーコを見上げながら蓮は楽しそうに続けた。

「だから、ホントにしようか」

へっ?と返す間もなくもう一度唇が合わせられる。
あっけにとられるキョーコに蓮はにっこり笑って見せた。

「言っとくけど、俺はさっき一つも嘘ついてないからね」



FIN





オール限定記事で始めた当ブログが初めて通常公開したのがこのドン☆フェスでした。
それはもう清水の舞台から飛び降りる気分でしたよ。
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

10. Re:ド迫力!

>saoさん
ありがとうございます。文章がつたないせいで壁ドンの描写が伝わるか不安でした。喜んでいただけてうれしいです。saoさんの素敵絵もまた拝見しに伺いますね。

2014/02/20 (Thu) 01:03 | ちょび #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

9. Re:お邪魔致します

>碧樹さん
こんな辺境の中の辺境にお越しくださりありがとうございます。時々お邪魔させていただいてるんですよ。褒めていただいてちょっと舞い上がっちゃいます

2014/02/20 (Thu) 00:58 | ちょび #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

8. Re:大丈夫でしょ!!

>mokaさん
背中押していただきありがとうございます。私の中で敦賀さんはキョーコちゃんの尻に敷かれる「いけしゃーしゃー男」なんです(笑)

2014/02/20 (Thu) 00:56 | ちょび #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

7. Re:ありがとうございました!

>ゆみーのんさん
こちらこそ参加させていただきありがとうございます。ダニーさん、色々使い勝手のいいキャラっぽいですよね(笑)私もこれからの壁ドン楽しみにしてます

2014/02/20 (Thu) 00:54 | ちょび #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

6. ド迫力!

お邪魔いたします。
体格の良い、おっとこ前兄ちゃんのド迫力『どんっ!』想像して溶けました(°∀°)
キョコちゃんが一生懸命で可愛いです♡
蓮さんメロメロですねぇ♪
御馳走様でしたm(__)m

2014/02/19 (Wed) 23:01 | sao #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

5. お邪魔致します

碧樹と申します。

いいオトコ同士の壁ドンですかっ。

キョーコちゃんの「私のです。」
蓮の「ホントにしようか。」
素敵ですっ。

2014/02/19 (Wed) 19:54 | 碧樹 #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

4. 大丈夫でしょ!!

ちょびさん
やっぱり、お話が面白いです~

それにしても、蓮さん迫られるって。
それをキョーコちゃんにみられても、しれっとしていられるのが、、蓮さんですね。。。
キョーコちゃんのわたわたぶりに嬉しくなっちゃったんでしょうけど。

2014/02/19 (Wed) 18:13 | moka #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

3. ありがとうございました!

遅くなりました~(T-T)

いろいろご連絡頂きありがとうございました。
頂いて帰りますねー♪

……190cm超えの大男ドン☆、思わず吹いちゃいました(笑)。
ダニーさん様々ですが……良い味出してますよね、ダニーさん。是非またの機会にお目にかかりたい(笑)。

壁ドン☆ありがとうございました!
いろいろな方のドン☆が読めてゆみーのんは幸せ者ですー♪

2014/02/19 (Wed) 17:36 | ゆみーのん #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

2. Re:ドン☆フェス参加有り難うございました!

>seiさん
いきなり記事の半分は消えるし先行不安ですが、参加できてよかったです。ありがとうございました。

2014/02/19 (Wed) 15:14 | ちょび #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

1. ドン☆フェス参加有り難うございました!

蓮さんには、思いがけなく訪れた幸運でしたね!

ダニエル氏の壁ドン様々?( ´艸`)

蓮さんを守るのに夢中で、最初のチューには気付いていないキョコさんに、さりげなく2回目を送る蓮さん。

内心はガッツポーズだったのでは?

楽しい作品を有難うございました!

あ、ス・◯・ビ二次界の清水の舞台の下には、きっと高速エレベーターがあると思います。
飛び降り放題ですね?( ̄▽+ ̄*)

2014/02/19 (Wed) 15:09 | sei #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック