2014_06
09
(Mon)12:11

紳士も淑女もそれぞれに(前編)【B.P.D加盟作】

B.P.D加盟作です。



■紳士も淑女もそれぞれに(前編)【B.P.D加盟作】


予約がある旨を告げ、通された奥の座席では、貴島がヒラヒラと手を振っていた

「待ってたよ~。京子ちゃん、敦賀君と一緒にきたんだ?」
「同じ局だったんです。すいません。お待たせしちゃって」

現在、貴島と百瀬逸美がドラマで共演しており、その流れでDM若手ファミリーの同窓会をしようと盛り上がったのだ。
今日はこの3人のほかに逸美と大原愛理、監督の緒方が参加することになっている。

「俺が早かっただけ。まだ時間前だよ。流石敦賀君は無遅刻キングだね。」
「道少し混んでたからギリギリだったよ。…あれ?その雑誌?」
「さっきマネージャーから渡された。一応見とけって。敦賀君は見た?」
「昨日ちらっとね」

貴島の前のテーブルには20代向けの女性誌

「それ、『onon』ですよね?お2人が載ってるんですか?」
「載ってるっていうか?ランキングの途中経過に出てるんだよ」

そう言って貴島がページを開いてくれた

『onon』と下着メーカー協賛による“ボクサーパンツが似合う有名人ランキング”

2か月に亘る投票期間の途中経過が報告され、現在のベスト20の男性有名人が顔写真入りで紹介されている。




その顔触れは蓮や貴島を筆頭とする俳優から、タレントやミュージシャン、スポーツ選手まで多岐に及んでいた。

(暫定1位の方って確かもう40代だけど、すっごい肉体美で有名だもんね。最近立て続けにドラマがヒットしてるし…敦賀さんは2位…。貴島さんが3位。この3人は僅差なんだ。)

そして、7位ににっくき幼馴染を発見する

(バカショー!つい最近までトランクスだったくせに!ボクサーパンツなんて履く権利ないのよっ!)

9位には魔界人、10位以下にはブリッジロックのメンバーもランクインしているのだが、ショータローを発見したことでキョーコはすっかり般若顔だ。

(敦賀さんがなんてったって№1よ!ショータローなんかに負けるわけないんだから!!!)

鼻息荒く自分も応募しようと要綱を読み始めたキョーコだが、コンテストの流れを知った途端固まった

“見事1位に輝いた方には、本誌でボクサ―パンツ姿の肉体美を披露していただいた上、クンゼのモデルとして1年活躍していただきます。

え?

この雑誌でボクサーパンツ姿を披露?

1年間のモデル契約?


「つ、つつつ、敦賀さん。これ1年クンゼの契約するってありますけど、アルマンディの専属してるから無理ですよね?」
「あ~。事務所に確認の電話かかってきたみたいだよ。アンダーウェアまだ出してないからOKみたいだ。それにアルマンディの方でもこれを機会にクンゼと提携してアンダーウェア出そうかって話まで出てるみたい。俺が1位になるなんて決まってないのに気が早いよね。」

蓮が笑いながら教えてくれた。

笑い事ではない

キョーコは貴島に詰め寄った

「貴島さん!」
「え?なに?」

キョーコの百面相を見て楽しんでいた貴島はその勢いに慌てる

「1位になってください!応援します!」
「え?なに?なんで?」
「敦賀さんのあのフェロモンダダ漏れ、色気大放出の姿が世間一般に晒されるなんて!お子さんや、まだ清らかな御嬢さんたちには刺激が強すぎます!それに…それに…」

キョーコの声は次第に小さくなった

「敦賀さんの身体が誰にも簡単に見れるなんて…そんなの勿体なさすぎます」

最後の方は俯きながらゴニョゴニョつぶやいたので聞き取りにくかったが、貴島の耳はしっかりキャッチした。

「京子ちゃん、それって…」

「遅くなりました~」
「京子ちゃーん。久しぶり~」

貴島の問い掛けは逸美と愛理の到着により途切れた。
女3人は久しぶりにこのメンバーがそろったことに大はしゃぎで、話を続ける雰囲気ではない。
貴島は恨めしそうに蓮を見た

「なんか俺、京子ちゃんに売られた気分」
「ははっ、ごめんね」
「…京子ちゃんの口ぶりでは敦賀君の肉体美見たことある感じだったけど?」
「…さあ、どうだろ?」

蓮は意味ありげに微笑むとビールのグラスを口に運んだ。

「なんだよ~」

貴島が不満げな声をあげていると、飲み物の注文を終えた愛理が『onon』に気付いた。

「あ、これ、見たかったの!貴島君、ちょっといい?」
「いいよ~」

貴島は気を取り直した。
キョーコだけではなく逸美も愛理もいるのだ。
DM同窓会という名のもとに綺麗どころを集めれたし、今日は楽しんで交流を深めて次につなげねば。

だが…


30分後。


「…敦賀君」
「なに?貴島君」
「俺、視線だけでセクハラっていう女の子の気持ちわかった気がする」
「僕も痛感しています」

そう言うのは遅れて先程到着した緒方である
テーブルを挟んで反対側に並ぶ3人の女性陣の前には『onon』とスマホ
愛理たちの視線は雑誌、スマホ、そして貴島達男性陣の間を行き来する

「貴島君はぁ、派手目な色合いでも似合いそうよね」
「これなんか…」
「これね~」

雑誌の一角を見た後、視線は貴島の顔から次第に下に移り…

「うふふふっ」
「やぁだーっ」
「百瀬さんたら~」

3人は顔を見合わせ妙にハイテンションで笑いあう

そう。

『onon』には下着メーカーが協賛しただけあって、“バラエティに富むB.P!恋人への贈り物にも!”なんてタイトルと共に沢山の種類のボクサーパンツが紹介されていたのだ。
それだけでは飽き足らず、スマホで通販サイトを開いて、男3人にあうモノを勝手に吟味してくれているのである。

「緒方監督には白どうですか?」
「白なら光沢あるやつがいいなあ」
「シルクとか?」

店についた途端、彼女たちのねっとりした視線が絡みついてきた緒方は半泣きだ

「あの、あの。大原さんたちどうしちゃったんでしょう?」

ちなみに未成年の逸美とキョーコは一滴も飲んでいない
グレープフルーツジュースとペリエでここまでの酩酊状況を作っている。


「女の子っていいよね…」

貴島が呟いた

「何が?」
「だって、俺たちが女子の下着見ながらこんな風に盛り上がったら、セクハラだよ?」
「確かに女性陣に総スカンくらいそうです」
「いいなあ、あっち楽しそうで」

恨みがましくいいながら、貴島は残りのビールを煽った。


(一応続きます)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

6. Re:暫定1位?!

>mokaさん
暫定1位の方は私実在の俳優さんをモデルにしていますが、どうぞお好きな方で…
でも敦賀さんが実際いたら、ダントツ1位!(だってエロいから)

2014/06/11 (Wed) 08:32 | ちょび | 編集 | 返信

5. Re:にんまり

>ゆきさん
お昼休みににんまりしていただいたのが嬉しくて、後編も本日お昼に予約投稿しました!
迷走してますけど…

2014/06/11 (Wed) 08:30 | ちょび | 編集 | 返信

4. Re:何故か

>碧樹さん
女子会状態の個室に料理を届けに来るお店の人のような気持ちでぐるっぽを見守っておりますよ~
女3人、しかも1人は大人で、後は女子高生、妙に盛り上がるの間違いなしです。

2014/06/11 (Wed) 08:29 | ちょび | 編集 | 返信

3. 暫定1位?!

たのし~
女子会の餌食になる、いけてる男子!!
その女子会に混ざりたい~(って、)

でも暫定1位の40代がものすごく気になってます・・・

2014/06/09 (Mon) 13:11 | moka | 編集 | 返信

2. にんまり

お昼休みににんまりしながら楽しく読ませて頂きました。

三人娘の会話楽しそう、参加したいです(*^-^*)

続きを楽しみにお待ちしてます!

2014/06/09 (Mon) 12:48 | ゆき | 編集 | 返信

1. 何故か

女子会状態でBPトークとは、楽しすぎます。
まあ、加盟した際サイト検索やりましたとも。
こうなるのは当然かと。

2014/06/09 (Mon) 12:40 | 碧樹 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック