2014_07
02
(Wed)12:01

鋭利なる男・なまくらなる女(後編)(B.P.D加盟作)

2014/7/2初稿、2015/1/14一部修正




■鋭利なる男・なまくらなる女(後編)(B.P.D加盟作)



タクシーは走り去り、残ったのはポスターの前に佇む2人
女…安芸祥子の顔色は真っ青だ。

適度な距離感でポージングしたポスターの2人。
お互い色は感じさせない雰囲気だが、それがかえって2人でいるのが当たり前のようにも見える。思い出すのは、以前偶然聞いてしまった蓮の電話

(やっぱり、あの電話の相手ってキョーコちゃんだったのね!)

疑惑は確信に変わり、これからの尚の精神状態を考えると頭痛さえしてきた。

一方、男…不破尚こと松太郎の心は凪いでいた。

(やっぱりキョーコはまだまだガキだな)

少年のような表情のキョーコを見ているとまだ色恋に目覚めていないであろう幼馴染に安心する。
あのいけ好かない男と共演するのは確かに気に入らないが、写真の距離とキョーコの様子が2人の関係をそのまんま表しているかのようだ。
あの男も妙な執着をキョーコに見せていたが、色気のない身体を見て興味が失せたのか

(この表情、兄妹みたいじゃねえか)

安心している、という時点で心の底にある焦燥感をあらわしているようなものだが、尚はそれに気付かない。

(まあ、仕方ねえな。女の色は男がつけるもんだっていうからよ。俺が面倒みてやるか)

今度祥子さん通じて飯でも誘ってやろう。そう思い横を向いて、祥子の顔が血の気を失っていることに気付いた。

「どしたの?祥子さん。もしかして俺がこのポスターみて怒ったりすると思ったわけ?」
「え!いや、その・・・ね」
「こんな色気ねーポスターみてもなんとも思わねえよ。そんなことよりもう1軒見たい店あるんだけど」
「そうね!7時にはテレジャパ行かなきゃいけないし、急がないとね。行きましょう!」

子はショウタローをポスターから引き離すこのチャンスを逃すまいと、その腕を取り歩き出した。

*
*

「ああ、くそう!ついてねぇな!」

数日後、ショータローは突然降り出した雨に濡れ、避難した軒先で毒づいた。

「最悪のタイミングで旦那は帰ってくるし、追い出された挙句に雨に降られるし、なんなんだよっ」

先日のテレジャパの収録で出会った女。
美人で、出るところは出て、フェロモン満載。ショウタローの好み直球ど真ん中のその人妻は、旦那が仕事で留守がちとかで尚を誘ってきたのだ。
肩と背中が大きく空いたアウターに、誘うような香り。濡れているかの様なルージュの唇で誘われて、断る男がいるだろうか?
祥子は適当に誤魔化して、今日は女の家でのスリル満載の密会を楽しむ予定だったのに。

「ったく、旦那も出張が取りやめになったからって帰ってくんじゃねえよ。」

旦那からのメールをみて顔色を変えた女に家から追い出され、土地勘のない場所にタクシーも傘を買うコンビニも見つからない状態なのだ。祥子には少々後ろめたい状況なため、迎えに来てもらうのも抵抗がある。
スマホでタクシー会社に連絡を取ろうか、そう思った途端、雨の中を高速移動する物体が近づいてきて、その物体と目があった。

「「あっ」」

幼馴染との思わぬ遭遇。

「何してんのよ。こんなところで」
「友達んちきてて、帰りにタクシーつかまえようとしたら迷ったんだよ」
「カッコ悪いわね。おまけにびしょ濡れだなんて」
「うるせえな。お前だって」

~♪♪♪~

キョーコの携帯が鳴り慌ててカバンから携帯を取りだすと、ショウタローに背を向けて小声で話し始める。
誰が話し相手が気になって、様子を窺おうとして…

目を奪われた

濡れて肌に貼りついたシャツが、その身体の細さを如実に表して…儚げにさえ見える

ぽとり
ぽとり

ショウタローと同じくずぶ濡れの髪から滴る水が、キョーコの首筋を伝わって、制服の襟元に流れ落ちていく。

その滴でキョーコが濡れるのを守りたいような
その滴のいく先を暴いてみたいような

吸い寄せられるように一歩近づいたとき

「ねえ、どうするの?」

いつの間にか通話を終えたキョーコの声に我に返った。

「え?」
「聞いてなかったの?雨宿りしていくかって聞いてんの」

何をどう言われたのか、さっぱりもって聞いてなかったが

(キョーコと部屋に2人っきり…)

「お、おう。じゃあ…お言葉に甘えるかな」

このチャンスを逃すわけにはいかない。

「じゃ、こっち。走るわよ」

キョーコの後を追いながら、目はその首筋に吸い寄せられたままで、どこをどう走ったかも定かではなかった。
どこぞの建物に入った後も、キョーコの顎からも垂れる滴に。睫毛に玉のようになった滴に。
エレベータ―の狭い箱に入ると、かすかに漂ってくる甘い香りに
さっきまで一緒だった女の分かりやすい色気など、もう余韻の欠片もなくて
エレベーターがいったい何階で止まったのかも、フロアの共用通路をどう歩いたのかもわからないくらいで

玄関扉が開く音に、自分の中の獣が喉を鳴らす。

だが、扉はキョーコが開けたのではなく、中から開いた。

「災難だったね。キョーコ。迎えに行ったのに」
「駅からなんて、走った方が早いですよ。」
「女の子なんだから…。ああ、不破君も早く拭かないと風邪ひくよ」

タオルを差し出す男を、口を開けて見つめる

「え?」
「なにアホ面してんのよ。敦賀さんの家で雨宿りするって言ったでしょ。早く入りなさいよ」

頭からバスタオルをかぶったキョーコが蓮に頭を拭かれながら呆れたようにこっちを見ている。

状況が理解できず、フラフラと2人の後を歩く
たわいもない話をしながら歩くキョーコ
リラックスしたその様子はこの部屋にくるのが初めてでないようだ。
キョーコの足元はスモーキーピンクのスリッパ
いかにもキョーコが好きそうなデザインの。

馬鹿みたいに広いリビングに通されて、なお固まるショウタロー

「ほらキョーコ、早くシャワー浴びといで。不破君はゲストルームの使うかな?」

気がつけば、幼馴染は名前で呼び捨てにされている。

「今朝洗った洗濯物乾いてますかね?」

今朝洗った?誰が?

「どうだろ?クローゼットにまだ着替えあっただろ?」

着替えのストックがどうしてあるのか?

「あ!」

ぐるぐると思考の渦の中にいたショータローだったが、キョーコの大声に覚醒した

「そうだ!頂きっぱなしはどうかと思ったんで買ったんです!」

忘れないうちに、とキョーコがラッピングされた包みを蓮に差し出した。小振りでやや膨らんだそれを蓮は受け取ったが、中身の見当はつかないようだ。

「頂きっぱなしって、なんだっけ?」

そういいながら包みを開いて…途中で固まった。
中途半端に開いた包装
だが、ショータローにも馴染みのあるそれが何かはすぐわかった。

ボクサーパンツ
男物のボクサーパンツをキョーコが先輩俳優から頂いた経緯
あまりに簡単な方程式はショータローの脳が素早く解答を導いてくれて…

「…」

「…この…」

「…くぉの…」

「破廉恥娘が―――――――――――――――――――――っ!!!」

流石は歌手
見事な大絶叫と共にショータローは部屋を飛び出していった。

玄関の扉が閉まる音を聞くまで固まっていた蓮はつぶやいた。

「…幼馴染だけあって言語の土台一緒なんだな…」
「え?なんですかアイツ?なんだか涙ぐんでましたよ」

全く訳がわからない。そういった様子のキョーコをみて、蓮はショウタローに軽く同情する。

「キョーコの鈍さって…時に凶器だよね」
「ますます訳わかりませんが?」
「うん、わからなくていいよ。とりあえずシャワー浴びといで」

着替え無かったらら、これ使う?そういって先程の包みを見せてニヤリと笑うと、脱兎のごとくキョーコはバスルームに駆けこんだ。


(FIN)
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

6. Re:言語の土台

>mokaさん
有難うございます!
見せつける為に呼んだものの、思わぬB.P爆弾がさく裂して思った以上に傷を負わせてしまい少々同情気味の蓮さんです。
どうも私のショータローはお父さん席から移動できない様子(^▽^;)

2014/07/02 (Wed) 23:34 | ちょび #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

5. Re:抉る凶器

>ナーさん
ええ、ええ、もうなまくらな刃でえぐった傷は治りが悪いんですよ。
雨と涙でもうびしょ濡れな状態で祥子さんのお部屋に帰って
「ショーどうしたの?」
「なんでもねー。ちょっと濡れたくなっただけ」とつぶやいているかと…

2014/07/02 (Wed) 23:31 | ちょび #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

4. Re:松太郎さんお気の毒さま

>ゆうぼうずさん
コメント有難うございます!
私のイメージでは携帯を見る為に少しうつむいた後ろ姿の項にショータローさんズッキューン!です。
雨と涙でびしょ濡れで走って帰ったかと…

2014/07/02 (Wed) 23:29 | ちょび #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

3. 言語の土台

おおおっ!と朝拝見し、またじっくりとと、戻って参りました。
見せつけるために、ショータロの雨宿り許可。
蓮さん、、、。
それにしても、世の父達と同じように安心したショー、そして、破廉恥娘といった彼に、何かちても温かな視線を送ってしまいました。仁王にならず、キョーコの坩堝とかになるんでしょうかねぇ。
やっぱり、蓮さんの切れ味に乾杯です!

2014/07/02 (Wed) 23:25 | moka #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

2. 抉る凶器

キョーコちゃんの凶器は、ナイフでスパっとヒト思い的なもんじゃなくて、
ゴリゴリと傷口を抉る仕上がりですね!

きっとショーちゃん、雨の中走りながら泣いてます。アハ。

2014/07/02 (Wed) 22:49 | ナー #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

1. 松太郎さんお気の毒さま

素で仲良いの見せられるとキッツイですよね。でも、二人が馬鹿喧嘩してるとこを見せつけられたり、大事な幼なじみ扱いされてもっと凹んでくれても良いよ!
私もきょこたんの『水も滴る』な姿見たいぃ(^▽^)

2014/07/02 (Wed) 12:30 | ゆうぼうず #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック