2014_03
10
(Mon)00:15

1歩いっぽ(4)

トラジックマーカー終了後を起点にお話できてるので季節感無視です。
そして長くなったので中途半端に切りました

2014/2初稿、2014/9/24一部修正
少しずつ積み重なって…
小さなピースがつながって…

それは身体中に浸透する。



■1歩いっぽ(4)~それは深く浸み込んでいく~




日差しに照らされた街はもううだるような暑さ。

キョーコはLMEのロビーに入ると額に浮いた汗をぬぐった。
ふとカフェスペースを見ると、見知った顔が視界に入る。

「黒崎監督!」

思わず駆けよりそうになったがどうやら打ち合わせの途中、あわてて足を止めたが、先方はもうキョーコの姿をしっかりとらえていて手招きされた。

よく見ると、その横にもよくよく見知った先輩俳優とそのマネージャーの顔が見える。

「よお~、久しぶりだな」
「お久しぶりです。もしかして…」
「そう、カインドーじゃねえけどな。抱かれたい男№1でCMとるんだよ」

まあ、座れ。

キョーコに空いた席をすすめて黒崎は続けた

「ジョイカレーだよ。知ってるだろ?大人の辛さってやつ」

勿論知っている。大人の辛さジョイカレー。
そのCMは大人な男性がカレーを作って食すのが定番だ。

そう、カレーを作って食すのだ。

「…社さん」

うつむき加減のキョーコから小さいがおどろおどろしい声が漏れた。

「どーして、この仕事受けたんです?」
「はっ?」
「どうしてこの仕事受けたんです!?。食欲壊死状態の敦賀さんと食べ物!相性0じゃないですか!!」

ものすごい形相で詰め寄るキョーコに社はしどろもどろだ。

「いや、だって、役者だし。蓮器用だからカレーなら…」
「社さんは敦賀さんの作った怪物を食べたことないからそんなことが言えるんです!」
「ひどいなあ。最上さん。俺だってちゃんと作ろうと思えば  「思えばなんですか?いくら適当でもあんな殺戮兵器作っといて!!!そんなものお茶の間に流せばジョイカレーはブランドとしておしまいです。いや!カレーという食文化が日本から消滅します!!!」

鬼の形相で先輩俳優にまくしたてるキョーコに、黒崎は心の中で突っ込んだ。

(お前…ナンバー1俳優の作った飯喰ったことあるんだな…)

「じゃあさ」

社は提案する。

「キョーコちゃん、蓮にカレーの作り方教えてやってくれないかな?」

そうすればCMは無事完成。蓮はここのところ会えなかったキョーコを補充できて、カレー文化も守られる。
みんなハッピーである。

まさにラブミー部の仕事にふさわしい

「はあ…私がお役に立てるなら」

社は早速スケジュール調整を始めた

「10日程先になるけどこの日なら朝から14時ならなんとかなりそうだな」

蓮とキョーコにそう告げると、何やらスマホをいじっていた黒崎が提案する

「本番の撮影場所、使ってみたらどうだ?俺も同席させてもらったらアングルとかチェックできて助かるし」


こうして本番さながらの最上キョーコカレー教室の開催が決定された。



(5)に続く
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

Re: No title

> 節子様
返信メッセージおよびコメント頂戴しました。
有難うございます。

2015/03/24 (Tue) 17:40 | ちょび #- | URL | 編集 | 返信

2. Re:カレーという食文化が日本から消滅!!?

>seiさん
敦賀さん、牛の肉さえも手でさばきそうです(笑)しかしここはキョーコちゃんの指導に従った模様。カレー文化は守られました。

2014/02/27 (Thu) 00:02 | ちょび #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

1. カレーという食文化が日本から消滅!!?

敦賀蓮!なんて恐ろしい人なんでしょう!(爆)

「俺だってちゃんとレシピを見ながらつくればちゃんと作れる筈だ!」

そう言い張る蓮さんは、自力でカレーをつくりご満悦。

指導なしで出来上がったものを監督と社さんと蓮さん本人で試食。悶えてもらいたい。

・・・・キョコさんが「ほらね!」という顔がみたい!

でも、食材の無駄を許さない彼女ですから、内緒にして作らないと駄目ですね!(爆)

キョコさんのカレー教室で、日本の食文化が守れますように!!

2014/02/25 (Tue) 10:30 | sei #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック